トップ 浜松市で新築住宅をお考えの際は高機能な新築住宅をお求めやすい価格でご提供する【藤原建築】へ〜新築住宅に必要な耐震の機能について〜

浜松市で新築住宅をお考えの際は高機能な新築住宅をお求めやすい価格でご提供する【藤原建築】へ〜新築住宅に必要な耐震の機能について〜

地震で倒壊しないために必要な新築住宅の耐力

地震で倒壊しないために必要な新築住宅の耐力

新築を建てようとお考えの方は、地震が起きても安心して過ごせる安全な家に住みたいはずです。建物に最低限必要な基準は建築基準法により定められています。しかし、巨大地震が起きた際は、建築基準法の基準を満たしただけでは、安全とは言えない場合もあります。

そのため、新築住宅には十分な耐震性を持たせることが必要です。住宅性能表示制度による耐震等級は安全性の一つの目安になります。地震に安全な新築住宅は、建築基準法の規定よりも厳しい、耐震等級2以上が必要です。

【藤原建築】は、基準にはない箇所でも、様々な耐震性を高めるための工夫をしております。地震の多い日本で住んでいるからこそ新築住宅を建てる際には、デザインや間取りだけではなく家の耐久性も重要視しております。

浜松市で新築住宅を建てるお手伝いをする【藤原建築】
〜求めやすい価格で建てる新築住宅の特徴〜

浜松市で新築住宅を建てる方は、最初から最後まで【藤原建築】が責任を持ってサポートいたします。【藤原建築】は高機能の新築住宅を求めやすい価格帯で提供しております。高機能とは、そこに住むご家族の命と健康を守るために必要な機能のことです。

浜松市で活動している【藤原建築】は、「地震が起きても倒壊しないこと」「シックハウス症候群を始め化学物質による健康被害を起さないこと」「長持ちする住宅を建てること」など、優先順位の高い項目に最先端の機能を持たせています。地域に根ざした住宅の会社として地元産や国産の木材を多く使うことにより、健康的な住まいを実現しています。

浜松市で新築住宅を検討しているなら【藤原建築】
〜耐震性を高める工法で高機能な新築住宅をご提供〜

浜松市で新築住宅を検討しているなら【藤原建築】〜耐震性を高める工法で高機能な新築住宅をご提供〜

浜松市で新築住宅(高機能)の設計をご依頼するのでしたら、【藤原建築】をご利用ください。【藤原建築】が建てる新築住宅は、ベタ基礎を用いています。ベタ基礎は床下前面に鉄筋コンクリートの基礎を設けることで、耐震性を高める工法です。

基礎の載る土台は、ヒノキや能登ヒバを用いています。強度と耐久性に優れ、シロアリにも強い材料です。柱は通し柱に4寸角を用い、強度を高めています。

【藤原建築】が力を入れている部分が2階床です。他の住宅メーカーではめったに使用されない根太付きの剛床により、水平構面を固めています。そのことにより、壁の筋違いと構造用合板による耐震壁が、建物全体で協力しながら働きます。これらの地道な技術的取り組みが、高い耐震性を生みだしています。

お役立ちコラム

浜松市で新築住宅について相談するなら【藤原建築】

Company Name
Company Address
Tel
Mail
HP
藤原建築 住宅工房「藤之蔵」
〒 435-0056 静岡県浜松市東区小池町1590
053-464-9530
wood@fujinokura.com
http://www.fujinokura.com/
FUJIWARA KENCHIKU
〒435-0056
静岡県浜松市東区小池町1590
TEL : 053-464-9530
E-MAIL:wood@fujinokura.com

(c)2016 FUJIWARA KENCHIKU
All Rights Reserved.