トップ 静岡で自然素材の住宅をお考えなら浜松市にある【藤原建築】へ!〜自然素材の家によく使われる木材の種類と特徴〜

静岡で自然素材の住宅をお考えなら浜松市にある【藤原建築】へ!〜自然素材の家によく使われる木材の種類と特徴〜

日本人の繊細な感性が育んだ木の家の高級感

木は日本の文化の一部となっており、清らかでけがれのない日本人の心がその良さを敏感に感じ取ります。寿司や和食が海外で評価を得ているように、日本の木が海外で評価される日が来るかもしれません。

日本人の繊細な感性が育んだ木の家は高級感が溢れている魅力的な住宅です。住宅に使用される木の中でも良いといわれているものは、ヒノキです。ヒノキは建築に必要な強度があり、乳白色の色合い、しっとりとした肌触り、上品な香りなどが特徴として挙げられる、日本の木を代表する存在です。

ヒノキと共に評価の高いものに、ヒバがあります。ヒバに含まれるヒノキチオールは、シロアリを寄せ付けないといわれています。

静岡で自然素材の住宅なら【藤原建築】!〜静岡で用いる自然素材の数々〜

静岡で自然素材の住宅なら【藤原建築】!〜静岡で用いる自然素材の数々〜

静岡自然素材の住宅を建てる【藤原建築】は、浜松市などで住宅を建てるお手伝いをしておりますのでぜひご利用ください。木の住宅には、壁や天井にも木が使用されることがありますが、他の自然素材も用いられます。

中でも、漆喰は日本の伝統的な自然素材です。漆喰とは、石灰岩からつくられる消石灰に、すさなどの繊維を混ぜたものです。火に強く、湿度を調整する機能があります。さらに、アルカリ性のためカビが付かず、年月を経ても上品な色合いを保ちます。

構造材を木のあらわしとし壁を漆喰とすることで、魅力的な室内空間をつくることが可能です。床や壁、天井に木を使用するのもおすすめですが、白い漆喰の壁も心を落ち着かせてくれます。

静岡で自然素材を利用している工務店なら浜松市にある【藤原建築】へご依頼を
〜自慢の壁紙と断熱材〜

静岡で自然素材を利用している工務店なら浜松市にある【藤原建築】へご依頼を〜自慢の壁紙と断熱材〜

静岡で自然素材を利用している【藤原建築】では、壁に壁紙を用いることがありますが、不健康的なビニールクロスや化学物質の入った接着剤は使用していません。

静岡の浜松市にある【藤原建築】が住宅に用いるのは、オーガニックコットンです。無農薬と有機栽培で育成された綿が原料の織物の壁紙です。接着剤を含めて自然素材なので、健康被害の心配がなく安心して過ごすことができます。

さらに、越前鳥の子和紙を用いた壁紙も使用しております。ふすまなどに使用される鳥の子和紙を壁にも使えるようにした材料です。また、断熱材も化学物質のグラスファイバーではなく、セルロースを用いています。パルプが原料の自然素材で、吹き付けにより隙間の無い断熱が可能となります。

お役立ちコラム

静岡で自然素材の家をお考えの際は【藤原建築】

Company Name
Company Address
Tel
Mail
HP
藤原建築 住宅工房「藤之蔵」
〒 435-0056 静岡県浜松市東区小池町1590
053-464-9530
wood@fujinokura.com
http://www.fujinokura.com/
FUJIWARA KENCHIKU
〒435-0056
静岡県浜松市東区小池町1590
TEL : 053-464-9530
E-MAIL:wood@fujinokura.com

(c)2016 FUJIWARA KENCHIKU
All Rights Reserved.